株式会社新和

会社概要

会社名
株式会社新和 (英語表記:Sinwa Co., Ltd.)
役員
 
会長    田村 進(金 益進)
代表取締役 田村 一郎
取締役   中尾 一
所在地
〒578-0935 東大阪市若江東町6-3-38
TEL
06-6730-7780
FAX
06-6730-7781
HP
http://www.k-sinwa.com/
創業
1964年7月1日
法人設立
2007年8月10日
資本金
8,000万円
従業員
72名(2015年現在)
主要取引銀行
日本政策金融公庫・三井住友銀行・京都銀行・近畿大阪銀行

沿革

平成30年(2018年)
 
韓国ヨヌライティング(YeonWoo Lighting Co.,Ltd.)と経営統合
ヨヌライティングHP:http://www.ywkorea.co.kr/
平成28年(2016年)
 
韓国のソンフンライティング(Sunghoon ENG INC.)とダイキャスト事業拡大のため経営統合
ソンフンライティングHP:http://www.shlight-pole.com/
平成27年(2015年)
 
中国生産工場にダイキャスト1,650tを導入、試作成功
ベアリング業界で初めてご要望通りに回転スピードがコントロール出来るトルク機能付きアルミベアリングの開発に成功
平成26年(2014年)
照明器具、及びその周辺の部品製作、組立等に関する製造、販売の業務を開始
平成25年(2013年)
 
 
 
ベトナム法人 ベトナム新和 を設立
韓国法人 新和コリア を設立
大阪府「中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画」の承認(5月)
※上記リンクをクリックすると認定書が表示されます。
平成24年(2012年)
 
 
 
岡山工場に鋳造ラインを集結
株式会社新和に社名を変更
旧日邦上海海外法人を子会社化
東京事業所を開設
平成23年(2011年)
 
 
加工ラインにアセンブリーラインを併設、総合パーツサプライヤーとして始動
旧プロデクス ジャパン(組立工場)吸収合併
貿易会社旧日邦の商権一部譲渡により貿易業に進出
平成22年(2010年)
 
 
 
亜鉛鋳造を開始
立型マシニングセンタ増設
シェルマシン導入、自社で中子製造を開始
ショットブラスト増設
平成21年(2009年)
 
 
 
岡山県津山市に砂型鋳造工場日東アルミ工業所と合併
東大阪工場がグラビティー鋳造専用工場になる
グラビティー鋳造機を7台増設、量産体制を強化
ショットブラスト増設
平成20年(2008年)
 
立型マシニングセンタ2台増設
資本金を8,000万円に増資
平成19年(2007年)
 
新和アルミ株式会社機械加工会社を創立
資本金を7,000万円に増資
平成17年(2005年)
金型製作分野に参入、立型マシニングセンタ増設
平成16年(2004年)
加工分野に参入、立型マシニングセンタ導入
昭和63年(1989年)
車両内装部品を受注し、グラビティー鋳造でのAC7A量産体制を確立
昭和56年(1981年)
 
大型製品に対応するため、鋳造機メーカーと協力し10t垂直式・10t水平式・8t
傾斜式グラビティー鋳造機を開発、導入
昭和54年(1979年)
アルミ製ホイールを受注するにあたり、低圧鋳造機を導入
昭和52年(1977年)
量産を目的にグラビティー鋳造機を導入
昭和43年(1968年)
東大阪市若江町に工場を移転
昭和33年(1958年)
東大阪市横沼町にてアルミ砂型鋳物の製造会社として創業

新和グループ

株式会社新和
Sinwa Co., Ltd.
〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町6-3-38
TEL 06-6730-7780 FAX 06-6730-7781
新和コリア
SINWAKOREA CO.,LTD.
2F, 48-5, Yangcheon-ro47na-gil, Gangseo-gu, Seoul, Republic of Korea
 
ソンフンライティング
SUNGHOONLIGHTING CO.,LTD.
20 Beon-Gil, Dongmoonan-gil, Ganghwa-eub, Ganghwa-gun, Lncheon City, Korea
 
新星ENG
SINSUNGENG CO.,LTD.
81-11, Sangmasingi-ro, Daegot-myun, Kinpo-city, GyunggiProvince, Korea
 
ヨヌライティング
YEONWOO LIGHTING CO.,LTD.
Gwonseon-gu, Suwon industry beongil 146 to 155, the third floor
http://www.ywkorea.co.kr/

経営方針

経営方針

品質方針

品質方針

安全方針

安全方針

環境方針

環境方針

CSR活動

経営方針の1つである“相生追及”「社会の一員として共に生きる」という心構えで、地域社会、社員皆と一緒に繁栄するために努力する。)の考えのもと、地域の清掃活動や文化財の保護活動などの社会貢献活動に参加しています。

文化財保護活動(2017年4月 新和コリア)

  • 2017年4月 新和コリア文化財保護活動写真①
  • 2017年4月 新和コリア文化財保護活動写真②

工場周辺清掃活動(2017年4月 氷上工場)

  • 2017年4月 氷上工場周辺清掃活動写真①
  • 2017年4月 氷上工場周辺清掃活動写真②
  • 2017年4月 氷上工場周辺清掃活動写真③

工場周辺清掃活動(2017年4月 和泉工場)

  • 2017年4月 和泉工場周辺清掃活動写真①
  • 2017年4月 和泉工場周辺清掃活動写真②
  • 2017年4月 和泉工場周辺清掃活動写真③

工場周辺清掃活動(2017年4月 岡山工場)

  • 2017年4月 岡山工場周辺清掃活動写真①
  • 2017年4月 岡山工場周辺清掃活動写真②
  • 2017年4月 岡山工場周辺清掃活動写真③